不安のない歯科治療ができる|イマドキ歯科医院に注目

人工歯の色々

保険適用内のクラウン(被せ、差し歯)価格

女性

クラウンとは歯科での治療に使う人工の歯です。歯科では保険制度で保険適用内と保険適用外が決まっていますので全校的なおおよその価格が分かります。では保険適用されるものから見ていきましょう。いわゆる銀歯と言われるパラジウム合金やニッケルクロム合金で形成される被せものは約3000円になります。硬質レジンジャケット呼ばれる専用のプラスチックのみで作られた差し歯は約3000円になり、銀歯と並んで最も安価なクラウンです。前歯の差し歯に使われる硬質レジン前装冠と呼ばれるものは中身が金属、外装がプラスチックで出来ています。価格は約5000円になります。ハイブリッドレジンで作られた被せ物は小臼歯のみ保険適用で約8700円になります。

保険適用クラウンの特徴について

硬質レジンジャケット冠は前歯1〜4番目までが保険適用になります。さほど丈夫さはありませんが安価で白くできるというのが特徴です。銀歯は強度が高くほとんどの歯に使用できますが、長年使うと溶け出して金属アレルギーを引き起こす可能性があります。前から4番目からは基本的に保険適用で治療しようとすると全て銀歯が選択肢になります。硬質レジン前装冠は外がプラスチックのため色を白くでき中身は金属のため硬質レジンジャケットよりも強度が高く、安価でもあるため人気があります。ハイブリッドレジンはレジンのブロックCAD/CAMと呼ばれる機械で直接削って形成したもので、硬質レジンジャケットよりも強度が高くなりますが小臼歯のみにしか使えません。このように保険適用のものは使える部位や素材が限られています。また長持ちさせるには歯科でのメンテナンスも必要ですので定期的に歯科に通うことをオススメします。